2013.11.06 Wednesday 18:23

サーマルヘッド

小ロットの 洗濯ネームなどを印刷する機械は、”サーマル”と言われる方法が使われています。
身近な所ですと、駅の自動券売機の切符。
たまに切符の印刷にスジが入って、数字などが見にくい事があります。
これが、サーマルヘッドが切れた状態です。

うちの社内にもサーマルプリンターが2台有りまして、ある程度の枚数まで行くとヘッド切れを起こします。
切れ方も、1本切れたら、2本切れて、3本と、どんどん加速していきます。
修理方法は有りません。
交換しか無いのですが、この”サーマルヘッド”が、お高いんです。ウン万円します。
普段数円単位の物を作っているのでこれがキツイ。
しかし、スジが入りまくった商品を売る訳にも行かず、交換となります。
背に腹は代えられません。
せめて、工賃だけでも浮かそうと、いつも自分で変えています。
そしてメーカーの人立ち合いで初期不良チェックをしてもらう用心深さ。
ついついぼやきたくなったのは、いつも1年は持つのが、今回は4か月しか持たなかったからです。
ハズレは有るとは言え、勘弁してほしいです。

手に持っているのがサーマルヘッドです。

今度のは、長持ちしてほしいです。

Comment:
Add a comment:









Trackback:
トラックバック機能は終了しました。
 
CALENDAR
NEW ENTRY
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
PROFILE
MOBILE
LINK
SEARCH
OTHER

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.